読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五感と一想

食べる、読む、寝る、考える。

常々、移民(すること)の自由が完全に認められることが究極の民主化なのだと個人的に考えている。 具体的な条件は①既にそこに居住している人は後から移民してくる人を拒めない。②代わりに、移民する人は移民する先に既にあるルールに従う。③ルールは移民して…

もみじさんの手術 退院2日目

手で口の傷を弄らないようにカラーをつけていますが、至って元気です。 もみじさんの手術は、右上顎の歯茎を切開して腐った歯槽骨を削り、だめになってしまった歯を抜去して歯茎を縫い合わせるというものでした。 私なら痛み止めを絶え間無く飲んでも術後3日…

もみじさんの入院

もみじさん、手術と一泊入院を無事に乗り越えてお家に帰ってきました。 歯周病が進行していたので歳をとって麻酔が難しくなる前に、悪くなっている歯を抜去して歯槽骨を削り、無事な歯の歯石除去してもらいました。 右上の奥歯から犬歯までがなくなりました…

ゼロの焦点

昭和30年代の東京に翻案した『ロング・グッドバイ』を観た時に、「戦争で人生が狂ってしまった事が動機になる、戦災で生きてきた証が消えてしまった事がトリックになる、そういうミステリを書く人はもういないのだろうな」というようなことを考えていた。 私…

ネットマンガ広告がエグい件について

エグくない作品でもエグい広告にするだけでCTRが桁違いに上がるんですよ。ABテストでそれははっきりしています。 エロマンガの次はエグマンガが受けているんです。 『親なるもの 断崖』を近代史ものだと知っていて読んだ人がどれだけいるのでしょう?広告を…

陽射しが暖かくなってきたので

年が明けて、日暮までが急に長くなった気がする。 冬至の前あたりには、午後の二時半をすぎると空気が冷えて外で何かをしようという気が起こらなかったけれど、それから一ヶ月も経っていない今、三時半ごろにベランダへ出て「まだ明るいなあ」という気持ちに…

自己責任論の結果責任

自己責任論には常々ウンザリする思いでいたがが、まあそれでも時と場合と人によるよな、と。 ちょっと今朝は考えがまとまる瞬間があったので書いておく。 自己責任って、起こりうる危険の可能性を各自判断して行動しなさいね、って事だ。 しかし判断するため…

小太朗

ウィスカーパッドがふっくらとして、マズル全体もがっしりと、男の子らしい野生的な顔付きになってきました。先日の検診時には股間を覗いた先生に「こいつ立派なタマタマついてるな」と摘まれていましたので、そろそろ去勢手術をされてしまうタイミングです…

佐木隆三『わたしが出会った殺人者たち』

佐木隆三さんが、亡くなられました。ちょうど2週間ほど前に「わたしが出会った殺人者たち」を読んだところでした。正直、かなり耄碌した文章だな、と思うところがあり、実兄の「最近は酔っ払いじいさんだった」という言葉になるほどと納得しています。この人…

霜降

霜が降りるなら、気分は冬ですねぇ。寒さの肌触りが変わりました。慌ただしくしていたせいで十分に手入れができずに傷んでしまったものを部屋から除けたらこざっぱりとはしたけれど、エネルギーを補わないと、熱が足りない。明日の朝は分厚い鮭の切り身を焼…

ジャーナリズム

ジャーナリズムを担う者はいつだって何かしら危険の側にある。 私が新卒で入社した番組制作技術の会社から報道番組のスタッフとして局に派遣される事になった時上司との面談があった。 「自分の身を守るんだよ。報道で死んではいけないんだ。僕は報道局長だ…